還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

主婦(夫)はシェフ

<<<専業主婦>>>        

 

昭和中期生まれ。

 

専業主婦で、毎日母親の料理で育ってきました。

 

というか、昔はほとんどの家が専業主婦でしたけどね。

 

毎日のメニューは、ほとんどが母親が考えていたわけですが、同じメニューが続くなんて事はほぼありませんでしたし、え、またこれ?こないだも食べたばっかじゃん!てこともありませんでした。

(かすかな記憶ですが…)

 

 

<<<え~違うじゃん!!>>>

 

うちの母親は、だいたいは父親の好みに合わせてメニューを考えていたみたいですが、それでも子供たちの好きそうなものも必ず作ってくれてましたね。

 

普段は母親が作ってくれたものに、好き嫌いはあれど文句を言った記憶はありませんでした。(ただ忘れただけかな?)

 

ある日、今日のおかずは何?と母に聞いたら「かれいだよ」と言われ、勝手にカレーライスだと思い込んで喜んでいたら、そうじゃなく魚の鰈(かれい)だったことがあって、夕食の時にちょっとがっかりした記憶はありますけどね。


※ウチは東北の田舎なんで、同じように聞こえるんです。(華麗も加齢もほぼ同じ(汗))

 

似ても似つかぬ大違い(笑)

 

<<<食べたいものは>>>

 

子供の頃あれが食べたいとか、これがいいとかリクエストが多かったかというと、うちの場合はそうでもなかったみたいです。

 

でもたまにホントにたまに?)リクエストしても、ほぼだいたいのメニューは叶えられたように記憶しています。

 

母親(主婦)という存在はすごいですね。

 

レストランでもないのに、注文したものを作ってくれるんですから。

 

 小さい頃からずっと思ってたことですが、まさに主婦シェフですね。

 

は今独り暮らし中なので主夫なんですが、さすがにシェフの域まではまだまだ遠いですね。

 

でもいつかはシェフのように、いろんなメニューを作れるようになりたいと思ってます。