還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

計量って大事なんですね

<<<これ、あった方がいいかも>>>

 

ちゃんとした料理を作りたいと思うようになってから、私が買いそろえたものをご紹介します。

 

料理器具としては、お玉や菜箸以外に

 

・計量カップ(上から見てもはかれるヤツ)
・計量スプーン(大さじ小さじ)
・台ばかり(元々ウチにあったのを見つけました)
・シリコン泡立て器(100均のヤツ)
・小っちゃい泡立て器(これも100均)
・シリコントング(これまた100均)
・砥石(包丁は切れ味が命!)

 

上から見てもはかれる計量カップ

泡立て器とトング

砥石と計量スプーン



調味料系として、ごく普通にあるもの以外は

 

・オリーブオイル(安いヤツですけど)
・みりん(これも安いヤツ)
味覇
・豆鼓醤(思い切って業スーのでっかいヤツ)
甜麺醤(これも業スーで)
・豆板醤(さらにこいつも業スー)

は食卓塩じゃなく、天然塩が絶対お勧めです!!
(食卓塩にはミネラルが入っていないので身体に良くないらしい)

 


<<<面倒くさいけど>>>

 

以前私は醤油や砂糖、塩など味付けの時は、男の料理だ!とばかりに、適当に入れてちょっと味見をしながら作ってました。

 

いちいち計って作るのはカッタルイし、面倒だし。

 

どうせ自分1人で食べるんだから、どうでもいいし。

 

でもそのやり方だと、毎回違う味になり、上手く出来たときがあったとしても、その次にそれを再現することが出来ないって事に気づいたんです。

 


<<<目分量と適当>>>

 

調味料適当に入れるのと、目分量で入れるのって、似ているようで全く違うんですね。

 

適当っていうのは、行き当たりばったりでどうなるか分からないってこと。

 

一方目分量というのは、積み重ねた経験によって大さじなどの分量が、計らなくてもほぼ正確に分かる状態だと思います。

 


<<<同じ味を作るなら>>>

 

いつも同じ味をつくるためには、分量をキッチリ量ることが絶対必要な事だと思います。

 

調理師や料理人、料理研究家の皆さんが研究した結果、これが一番いいと判断した味調整だから、その通りに作ると絶対美味しい料理が出来るはずなんです。

 

もちろん、調味料の善し悪しで味も変わると思いますが、味のバランスって同じなんだと思います。

 

と言いながら私の料理の紹介は、調味料の分量が曖昧な点が多いなと、自分でも思っております、はい。(反省…)