還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

思い出のナス焼き

<<<いつもの居酒屋で>>>

 

今から30数年前のことです。

 

仕事の関係で、関東方面に独りで出かける事が年に何度かありました。

 

いつも仕事の前日に現地入りし、いつも同じホテルに宿泊するお決まりコース。

 

夕食はホテルの一番近くにあった、無愛想で無口なオヤッさんがやってる居酒屋でチビリチビリ。

 

なんとなくいい雰囲気のオヤッさんだったので、私は店に行ったときは、まるで指定席か予約席かのように、決まってオヤッさんに一番近いカウンター席に座りました。

 

 

<<<無口どうしの会話>>>

 

わざわざ目の前のカウンターに座っても、オヤッさんは無口、私も無口だったので、注文するとき以外は特に会話はありませんでした。

 

たまに声をかけても会話が続くことは滅多になかったのですが、かといって気まずい雰囲気にもならず、ほんの少しのおつまみで静かに時が過ぎていき、やがて私はほろ酔い加減に。

 

最初に頼んだおつまみがなくなったので、もう一度壁に貼り付けてあるおすすめ一品料理を見渡して、おつまみを追加することに。

 

そしてお品書き札で一番に目についたのがなぜか、普段あまりよそでは食べないナス焼きでした。

 

 

追加注文してからややしばらくして、カウンター越しにオヤッさんから手渡されたお皿には、まぁるくスライスされた、ちょっと油吸い過ぎたンじゃね?と思うようなナスが数枚並んでいました。

 

お皿の片隅には、サービス旺盛で結構いい量のおろしショウガがついてきました。

xn--ruqt3z0li9lh.com/ から引用



 

<<<ヤ、ヤバい!!>>>

 

実は私ショウガが大嫌いだったんです。

 

でも多分サービスしてくれただろうオヤッさんの手前、どうしようか考え込んでしまいました。

 

何をどう考えたのか…。

 

まず、この特大サービスみたいなおろしショウガをどうしたもんか。

 

この場を、どう切り抜けたら良いもんか。

 

いっさい手を付けないで残すか、嫌々でもムリして食べようか…。
(嫌いですが食べられないこともなかったので)

 

ショウガを食べなきゃ、子供みたいに思われるかな(笑)…とか思いながら、なかなか決断できないでいるうち、ふと、自分はなぜショウガが嫌いなのか?という疑問が浮かび上がってきました。

 

そこでショウガについて、ひとつずつ検証することにしました。

 

…特に嫌いな理由はないな。

匂い…別に気にはならない。

辛さ…全く問題ないじゃん。

 

 

<<<食の歴史が変わった>>>

 

あれっ?結構旨いじゃん!!

 

これ、なんで今まで嫌いだったんだろう!?

 

答えも出せないまま、一皿のナス焼きショウガまみれにして完食してしまいました。

 

もしあの時あのオヤッさんナス焼きを頼まなければ、てんこ盛りのおろしショウガに直面することはなかっただろうし、もしかしたら私は今もショウガ嫌いなままだったかも知れません。

 

その日以来、私の嫌いなものリストから、ショウガは消え去りました。

 


<<<数年後…>>>

 

1,2年のブランクをおいて、久しぶりにまた仕事が入り、関東方面に行く機会に恵まれました。

 

もちろんいつもと同じように、オヤッさんの店に行きましたが、なぜかオヤッさんが店に出ていません。

 

小上がりやテーブルで注文を取ったり料理を運んでいた、オヤッさんの奥様にどうしたのか聞いてみたところ、

 

実は去年、亡くなっちゃったんですよ、糖尿が悪化してね…。

 

・・・・・・・・・

 

あまり会話もしなかったオヤッさんでしたが、とても居心地の良い居酒屋だったんです。

 

あの日以来、ショウガが好きになったんだよ、ってお礼のひと言も言えないまま、もう会うこともなくなってしまいました。

 


<<<今は自分で>>>

 

時々スーパーで、でかくて形の良いナスを見つけては、オヤッさんが焼いてくれたように自分で焼いて、たっぷりのショウガをナスにのせて、あの頃の思い出に浸って一杯やっているんです。

 

あの日のあの時と同じように、無口のままで…。