還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

簡単! 天津飯まで行く手前(ってなにそれ?)

 

簡単! 天津飯まで行く手前(ってなにそれ?)


いらっしゃいませ。ズボラ食堂へようこそ。


先日天津飯に挑戦している途中、カニかまタマゴが焼き上がっていく過程で、一瞬ではありましたがなんとも中華のプロみたいに、とても美味しそうなトロトロタマゴ見えた瞬間があったんです。

 

そこで、今回はそれにちょっとアレンジを加えて、その瞬間までを再現したいというわけで、やってみました。

 

おかずとして、またはお酒のおつまみとして作る料理なので、ご飯に乗せるところまではいかない。

 

だからといって天津飯の「飯」を省いて「天津」とも名付けられない。

 

というわけで、今回の料理タイトルは「天津飯まで行く手前」って名前にしてみました。

 

 


<<<準備したもの>>>

***食材***

・タマゴ    2個
・ピーマン    1個
カニかま    5本

***調味料***

白だし   小さじ2
・水、サラダ油、マヨネーズのどれか  小さじ2くらい

これだけ!


***その他***

・旺盛な食欲

 

<<<食材費用概算>>>

 

・ピーマン    20円
・タマゴ     30円
カニかま    30円


合計   80円くらい


<<<手順>>>


カニかまを小さいフォークで筋目に沿ってほぐす。


タマゴ2個を溶き、カニかまを入れて混ぜる。



白だしと、水かサラダ油、もしくはマヨネーズ少々を入れて軽く混ぜる。


ピーマンを縦に4つ切りにし、横5ミリ幅くらいに切っておく。(種は炒めるときに元気がよくなるので取り除いた方がいい


フライパンにちょっと多めの油をひき、中火でピーマンを軽く炒める



ピーマンに軽く火が通ったら、中火のままタマゴを流し入れたあと弱火くらいにして、混ぜながらふわふわに焼く。(固まらないように、外側の縁を内側に混ぜ込むようにする。)


固まりかけたら火を止めて、余熱で様子を見る。


半熟トロトロの状態で二つ折りにして盛り付ける


<<<反省点>>>

 

やっぱりタマゴ料理は火加減が難しいですね。

 

ちょっと油断していると、すぐに固まってくるんで、気を抜けません。

 

余熱ってのも結構考えておかないと、思うようなトロトロ感は狙えないんで…。

 

もう少しかなと思ったら、その時点で火を調整するくらいが丁度いいみたいです。

 

溶きタマゴに水や油、マヨネーズを入れるのは、タマゴが固まるのを少しだけ遅くするためなので、私は毎回このどれかを入れますが、火力の調整が上手な方は入れる必要はありませんね。

 

タマゴってとても身近な食材ですが、とても奥が深くて難しいと思います。

 

まだまだ私の知らないことがたくさんありそうなので、これからも楽しみです。

 

 

PS:

後から考えたら、結局ピーマンとカニかまの和風オムレツってことなんですよね。

お後がよろしいようで…。

 


本日も当店にお立ち寄りいただきまして、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。