還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

困ったときのキーマカレー

いつでもすぐに料理を始められるような環境は整えていないので、今のところいつも行き当たりばったりの毎日です。

 


これしかないのか…

仕事で帰りが遅くなり家路を急ぐあまり買い物を省略したため、帰ってから食材の在庫を確認したら、これと言って目に飛び込んできたものはなかったんです(ガ~ン!)

 

それじゃ晩飯(酒のつまみも)ナシじゃん!!ということなので、必死に家中の食材を探してみました。

 

見つけたのは賞味期限が2日過ぎた豚挽き肉と半分に切ったタマネギ、ちょっとやつれかけたピーマン1個、それとご飯だけ。

 

他にも魚肉ソーセージやサバ缶とかもありましたが、彼らをみても何にも湧き出てくるレシピがなかったので却下!

 


これがあるなら…

どれくらい前のことか忘れましたが、確か前に一度キーマカレーみたいなのを作ったのを思い出しました。

 

どうやって作ったかさえもよく覚えていなかったんですが、そんなことを思い出したら最後、私の口の中を始め、身体全体がカレー体制になってしまいました。

 

これらの食材を見渡した結果、満場一致でカレーに即決!

 


肉、大丈夫かな…

私は賞味期限なんてあんまり気にしてないんですが、一応美味しく食べられる期限ということなので、なるべく早めに食べてあげるのがいいと思います。

 

とはいえ、ひとり暮らしだと食べきれず、ついつい残ってしまうことがありますよね。

 

食べられるかどうかの私の判断は、臭いや見た目を重視しています。

 

で、この日の豚挽き肉はどうか、判定結果は全く問題なし!

 


とりあえず作ってみようか…

前に作った時の記事を読めばわかるんでしょうが、そんな時間的な余裕はなかったので、かすかな記憶だけでやってみることに。

 

(なんかいつもこんなパターンだな…)そんなことウダウダいっても始まらない。

 

真実一路、猪突猛進、まっしぐら!

 


出来上がりを想像して…

まずは二種類しかない野菜、ピーマンと玉ネギをみじん切りにしておいてから、挽き肉をバターで炒めました。


ひき肉に火が通ったところを見計らって、みじん切りにしたピーマンと玉ネギをバサッとフライパンに投入し、一緒に炒めます。

 

あとはカレーに仕上げていけばいいわけなので、塩コショウを振り入れた後、赤い缶のS&Bカレー粉をスプーンで二つ混ぜ込み、ブラックチョコをひと欠けとフルーティーなソース、おまけにちょっとだけオイスターソースも入れて完成!

 


どっちかな…

はてさて出来上がったものの、これはひき肉のカレー炒めなのか、目指していたキーマカレーなのか、ちょっと判断に迷いましたが、私が作ったのはキーマカレーなんだから、カレー炒めじゃないぞ、と。

出来上がりの名前なんかどうだっていいんだ、美味けりゃいいんだよ、という結論に!

 

 

今日のひとこと

キーマカレーのキーマって意味、多分皆さんご存じなんでしょうが、私は全く分からなかったのでちょっと調べてみたら、ヒンディー語ウルドゥー語で「細かいもの」って言う意味らしいですね。

 

さらに、ドライカレーとキーマカレーの違いってのも調べたところ、ドライカレーのうちひき肉を使っているのがキーマカレーと言うそうです。

 

それ以外の具材には何ら指定はないようなので、何でもいいから細かく切ってひき肉と一緒に作れば、基本的にどんなんでもキーマカレーと言えることのようでした。

 

またひとつ勉強になった酔いどれジジイなのでした。

 

 

今日もしょうもないお話でしたが、最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございました。

 

またのお越しをお待ちしております。