還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

実験! 鶏むね肉を蒸してみた

 

【実験! 鶏むね肉を蒸してみた】

 

いらっしゃいませ。ズボラ食堂へようこそ。

 

あいにくですが、本日は研修日のため、お料理の提供はお休みさせていただきます。

なお、本日の研修結果、もしかしたら新たなメニューが追加になるかも知れませんので、いっさいの期待をせずにお待ちください。

 


蒸し鶏が食べたい!!

 

先日、コンビニで売ってるサラダチキンを食べてみました。

 

初めて食べたんですが、とてもあっさりしていて美味しいじゃないですか!

 

原材料とか書いてあるところをみると、鶏むね肉とか蒸し鶏とか書いていたように記憶しています。

 

これはやってみる価値はあるかも!とばかりに、さっそく一番小さめの鶏むね肉1枚入りを買ってきました。

 


蒸し器がない!!

 

そこまではよかったんですが、ウチには蒸し器がないんですね。

 

どうしようか考えた末、要は蒸せればいいんじゃね?ということになり、蒸し器に代わるものを探してみます。

 

しばらく台所を見渡し、目に止まったちょっと大きめの鍋で挑戦することにしました。

 


蒸すってどういうこと?

 

小さい頃、伯母が茶碗蒸しを作っているところを見た記憶がありました。

 

多分、お湯を沸騰させて、蒸気を出して、その蒸気を逃がさないように蓋をしておけばいいんじゃないか?という仮設の元に、いざ実証実験を開始しました。

(フライパンでやっている蒸し焼きと似たような原理だと

 

問題なのは、どれくらい加熱し続ければいいのか、全く分からないってことです。

 

、それくらいは様子を見ながらやっていけば、なんとかなるだろうと暗中模索でスタートです。

 

ここからは、実際に作業しながらのLIVEのような状態で書き綴っていきます。

 

 

<<<準備したもの>>>


***食材***

・鶏むね肉   300g

 

***調味料***

・天然塩   小さじ2


***調理器具***

・大きめの鍋
・割り箸      7膳
・深さ3cmくらいの皿

 

<<<作業記録>>>


・鍋の底に割り箸を三角に組み、その上に皿を乗せる。



・さらに皿の上に割り箸で井桁(?)を組む。



・鍋に5cmほど、皿にも50ccくらいの水を入れ、コンロに乗せ沸騰させる。


・お湯が沸くまでの間に、鶏むね肉の皮を剥いて、天然塩を振りかけ全体にすり込む。(これが意味のある事かどうかは分からない。)


・軽く沸騰し湯気が出て来たら、鶏むね肉を真ん中に乗せる。


・沸騰しすぎないように中火から弱火にして、とりあえず15分くらいほったらかしてみる。


・とりあえず蒸されているらしいことを確認出来たし、肉の厚い辺りに菜箸を刺してみたら割と軽く刺さったが、せっかくだからもう10分くらいそのままにしておくことにする。


・予想通り、下に敷いた受け皿に鶏の脂がしたたり落ちていたので、この作戦は正解だった。


・最後にもう一度、一番肉の厚い場所に菜箸を刺してみたら、すんなり裏側まで貫通したので、これでよしとした。


・まだ熱いままなので、しばらくはそのまま常温にさらして粗熱を取ることにする。


・粗熱がとれたら、食べやすい大きさにほぐして作業終了。

 

<<<振り返り>>>

冷ましていることをすっかり忘れてしまい、1時間くらい経ってから様子を見てみました。

 

もうすでに手で触れるくらいの常温になっていたので、ちょっとむしり取ってみると、繊維に沿ってほろほろとちぎれてくれました。

天然塩をこすりつけた効果はあったのか試食してみましたが、かすかな塩味だったので、蒸す前のむね肉にフォークなどでザクザク穴を開けておけば、塩味がしみてくれたのかも知れません。

 

後日、この蒸しむね肉を使って、なんとかレシピっぽいものをご紹介したいと思います。

 

期待せず、お待ちください。

 


本日も当店にお立ち寄りいただきまして、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。